カードキャッシングをして学んだこと|責任は結局自分にある

私がキャッシングで借りたのは、親の借金返済の補填が理由です。それまでは、キャッシングは絶対しないと決めていたのですが、どうしても必要になり、物凄く憂鬱で何とか逃げたかったです。自分名義で借りるので、最終的な責任は全て自分で負わなければならないですし、その時の自分の収入、支出からしても返済には何年もかかるのが目に見えてました。

審査も希望額に満たなかったです。また、希望額を借りれなかった理由も教えて貰えず、借りた金額そのまま横流しで、自分に残る物は返済だけなので、悶々とした日々が始まりました。毎月給料日に定額を返済に当てていましたが、利息分が高く、元金返済が少ないので気が遠くなります。

少ない給料を増やそうと残業、ダブルワークをしましたが、体を壊して医療費がかかり、返済して借りる余裕が出来た分からまた借りたり、なかなか借金額が減らないという時期がありました。結局ダブルワークを辞め、地道に返済の道を選びましたが、運良く親戚の人が全て返してくれ、完済できました。もう少しで自分が潰れるところだったので、2度と人のためにお金を借りる、貸す事はしないと決めました。借金をしないように、身の丈に合った生活、振る舞いをする事が生きていく中で大切だと痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です